大学院英語 入試対策講座

05月30日 基礎講座の5月期の受講生の募集はあと1名のみです
05月30日 完成講座の5月期の受講生の募集はあと1名のみです
05月01日 英作文添削講座の5月期の受講生を限定5名で募集開始
05月01日 参考書『大学院入試の英文法』が全国書店で絶賛発売中
03月27日 札幌医科大学大学院の合格体験談をアップしました
01月20日 京都大学大学院などの合格実績をアップしました

大学院の英語入試では、文法事項を踏まえた上で英文を正しく読解し、自然な和訳ができるかどうかが問われています。
当講座では、大学院入試さ同じ形式の問題、添削指導、そして質問回答という3つの柱で、合格点の取れる和訳の書き方をマンツーマンで指導します。
レベル別に【基礎講座】と【完成講座】をご用意しております。入試で英作文が出題される理系の方は【英作文添削講座】もご利用ください。

受講者の合格体験談が届きました

「こんなに丁寧に見てくれるんだ」と嬉しくなった

2019年入試で【京都大学大学院 農学研究科】に合格
滋賀県 かつおさん

「大学院入試はどんなに専門の点数が良くても、英語の点数が足りなければ落ちるよ」と言われていますが、私はその通りの結果になりました。
私が志望大学院を決めたのは学部4年生の6月頃でした。
外部の大学院だったので、当然ながら院試の対策は間に合わず、その年の試験は不合格でした。
その後、院試の得点開示をしてみると、専門の点数は満たしていたものの、英語の点数が足りていませんでした。
試験問題は英文和訳が4題です。時間には割と余裕があるのですが、それだけ精度の高い和訳が求められる問題でした。
大学入試で使った小手先の技術はほとんど忘れてしまっており、お世辞にもまともな訳はできませんでした。
結局、大学4年生の年は不合格でしたが、どうしても志望校を諦めることはできず、院浪をすることにしました。
そして一年間みっちりと英語を勉強することを決意しました…
体験談の続きを見る

東大英語の合格水準に達することができた

2019年入試で【東京大学大学院 人文社会系研究科】に合格
愛知県 トーリカさん

私が『大学院英語 入試対策講座』を受講したきっかけは、自習用に購入した書籍『大学院入試の英文法』内の広告を拝見し、「これならできそう!」と思ったからです。
英語は高校時代から良い成績ではないし、大学に入学してからはさらに触れていなかったので、大学院入試の英語の問題を最初見たときはさっぱりでした。
大学院受験を最終的に決めたのは3月下旬で、試験日は8月なので、受験勉強期間は1年もないし、しかも教育実習で1ヶ月は確実に勉強ができなくなるため、在宅でできて、クオリティも確からしいということも魅力的でした。
また、講座への出費については、親は一切出してくれないと前々から決まっていたので、私の予算内でできる講座を探していました。
他の添削講座も見ましたが、高額すぎて諦めざるを得ませんでした。こちらの講座は基礎講座と完成講座の両方をやっても私の予算内であり、金額も申し込むきっかけの1つとなりました…
体験談の続きを見る

値段以上のボリュームで確実に力になる講座

2019年入試で【奈良女子大学大学院 人間文化研究科】に合格
滋賀県 山本美帆さん

『大学院英語 入試対策講座』には、受験勉強期間大変お世話になりました。
私は他大学の大学院を受験したので、内部生よりも情報が少ない中、受験に挑みました。
独学のため専門科目で内部生を超えることは難しかったので、英語が個人的には勝負の科目でした。
この講座のおかげで、和訳のテクニックを身につけ、和訳に関して自信を持って当日挑むことができました。
大学院入試は受験科目が少ないため、英語の比重も必然的に大きくなります。
英語に自信が持てるかどうかは合否に大きく関わるのではないかと思います。
また、和訳は採点基準がわかりにくいので、独学で勉強するのは限界があると思います。
この和訳対策の講座に沿って勉強を進めると、「採点基準を理解しながら和訳する」というテクニックが身につきます。
単語帳や市販の参考書には書いていない、採点で目をつけられるポイントを知ることができたので、自信を持って和訳できたのだと思います…
体験談の続きを見る

大学院入試で最も点差がつくのは英語である

2019年入試で【立教大学大学院 文学研究科】に合格
茨城県 ケイタロウさん

大学院受験に向けて、書店で参考書を探していました。そこで、湯川先生の著書である『大学院入試の英文法』に出会い、取り組むことにしました。
初歩から解説があったのでとてもわかりやすく、自分は今までアカデミックな英語から離れていた(大学受験以来だった)ので、とても助かりました。
しかし、ここで勉強する上で新たな壁を感じました。この本で基礎的なことは十分身についたが、大学院の英語は和訳の出題が多く、自分で解答を作るにもそれがどのくらい合っているのかわからなかったのです。
(もちろん独学ですんなりできるようになる方も多いとは思いますが)僕の場合は独学では限界を感じ、実際に解答を先生に見てもらわなくてはいけないと思い、この講座に辿りつきました。
結論から言うと、この講座でかなり力がつきました。
添削してもらうことで、細かいミスや癖を指摘されるので、効率的に改善ができたのです…
体験談の続きを見る

大学院の合格実績
国公立
私立
東京大学大学院 教育学研究科
東京大学大学院 人文社会系研究科
京都大学大学院 医学研究科
京都大学大学院 情報学研究科
京都大学大学院 農学研究科
京都大学大学院 地球環境学舎
大阪大学大学院 文学研究科
大阪大学大学院 工学研究科
神戸大学大学院 経営学研究科
神戸大学大学院 人間発達環境学研究科
九州大学大学院 人文科学府
一橋大学大学院 社会学研究科
東京学芸大学大学院 教育学研究科
筑波大学大学院 人間総合科学研究科
名古屋大学大学院 生命農学研究科
信州大学大学院 医学系研究科
広島大学大学院 教育学研究科
早稲田大学大学院 文学研究科
早稲田大学大学院 人間科学研究科
早稲田大学大学院 社会科学研究科
早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科
慶應義塾大学大学院 医学研究科
慶應義塾大学大学院 文学研究科
慶応義塾大学大学院 健康マネジメント研究科
上智大学大学院 グローバル・スタディーズ研究科
明治大学大学院 情報コミュニケーション研究科
立教大学大学院 現代心理学研究科 臨床心理学専攻
同志社大学大学院 心理学研究科
日本大学大学院 総合社会情報研究科
国際医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科
杏林大学大学院 保健学研究科 看護学専攻
奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科
神戸学院大学大学院 人間文化学研究科
放送大学大学院 文化科学研究科

その他の合格実績は大学院の合格実績をご覧ください。

指定大学院合格に徹底してこだわった講座

頻出問題を過去問から厳選 大学院英語 入試対策講座 当講座の教材では、大学院の英語入試で出題される問題と同じ形式のものばかり。問題は入試で頻出の人文社会や自然科学系の分野から英文を厳選。形式は全訳問題と下線部問題という入試の問題形式そのままのものです。したがって、毎回の課題を本番さながらの感覚で取り組むことができます。

基礎講座と完成講座 大学院英語 入試対策講座 「大学院英語入試対策講座」として【基礎講座】と【完成講座】の2つをご用意していますので、ご自身の学習状況にあわせて最適レベルの講座を受講できます。【基礎講座】は、英語和訳の基礎から応用までを3ヶ月かけて修得していきます。英語和訳が苦手な方、これから対策をはじめる方はこちらの講座からはじめてください。
【完成講座】は入試を見すえた実践的な問題ばかりで構成されています。1ヶ月という期間で全4回の添削課題に取り組みますので、和訳の仕上げとしてや直前期の対策としてご利用ください。

マンツーマンの添削指導 あなたの解答に合わせた1対1の添削指導で、一人で学習していてもなかなか気づけない弱点を発見することができることでしょう。 さらに、構文・修飾関係・英文法・文脈・表現力といったポイントを押さえつつ、あなたの解答の癖を指摘し、改善点を提示します。 「分かりやすさ」に一番こだわったマンツーマンの添削指導を体感してみてください!

質問回答 教材や添削済み答案で復習していてもどうしても分からない部分があれば、質問事項を専用ページから送ってください。 専門スタッフが回答を作成し、早ければ翌日に返信いたします。 質問は365日24時間受け付けていますので、疑問に思ったらすぐに解決できて安心ですよ。


フォロー体制 万一答案の提出が遅れても大丈夫! 添削指導と質問回答はなんと1年間も有効なので、自分のペースにあわせて学習を進めることができます。 また、答案提出がしばらく見られない場合、フォローメールをお届けしますので、ついつい乱れがちになる学習ペースも修正することができます。

受講者だけの専用ページ 受講者専用ページ 当社の添削講座を受講すると、あなただけの受講者専用ページを開設します。
このページにアクセスすれば、添削問題(【問題号】【解答・解説号】)や自習用テキストのダウンロードだけでなく、答案のやり取りや質問投稿も専用フォームから簡単に行うことができます。
ですから、パソコンの扱いが苦手な人でも安心して受講できますよ。また、勤務先や帰省先でも、このページにアクセスさえすれば学習や答案提出ができるので、場所を選ばず効率的に入試対策を進めることができます。

臨床心理士指定大学院 入試対策講座 講座一覧
大学受験からブランクがあって英語には自信がない、英文読解が苦手だ、自然な和訳が書けないという方は、この講座で英語和訳の基礎から応用まで学習しましょう。入試で頻出の人文社会系・自然科学系の英文を通して、「入試で合格点の取れる和訳」の書き方を指導します。難易度も少しずつ上がっていくので、無理なく続けることができ、和訳が確実に上達していきます。
1ヶ月で4回の添削課題に取り組む英語和訳の集中講座です。入試と同じレベルの即応問題ばかりを揃えていますので、制限時間を意識したり、辞書を使わなかったりと本番と同じ形式での解答を意識することで、「実践力」と「試験慣れ」の感覚を養うことができます。「基礎講座」の学習を一通り終えた方や、入試直前期に追い込み勉強をされている方向けの講座です。
自習用テキストで正しい英作文の考え方と書き方を学び、添削問題で実際に英作文に挑戦します。英作文というと難しいイメージがあるかもしれませんが、英文読解と和訳とプロセスが似ているので、和訳講座と一緒に受講することで効率的に学習することができます。理系の方などで大学院入試で英作文が出題される方にお勧めです。

おすすめの受講パターン英語和訳を「合格点の取れる」レベルまで学びたいならば、この組み合わせが一番。まずは【基礎講座】で3ヶ月間、英語和訳の基礎を学び、その後に【完成講座】で1ヶ月間、実践力を身につけます。全10回の添削指導で志望校合格を目指します。

おすすめの受講パターン理系の大学院英語では英作文が出題されることがあります。英語和訳と英作文の対策をするなら、この組み合わせで十分です。和訳と英作文は解き方やプロセスが相関しているので、一緒に学ぶことでより効果的な学習が見込めることでしょう。

おすすめの受講パターン試験に和訳も英作文も出題されるけども、英語が苦手なため独学では不安のある方にお勧めのセット。特に入試まで半年くらいの余裕がある方は、3つの講座を1つずつこなして、何度も添削指導を受けることで、入試レベルの英語力が身につきます。


2講座セット受講キャンペーン

今なら、『大学院英語 基礎講座』『大学院英語 完成講座』『英作文添削講座』の3つの中からお好きな2講座を一緒にお申し込みされた方には、「ゼロからはじめる英文法トレーニング講座」を特典としてプレゼントします。

「ゼロからはじめる英文法トレーニング講座」は、広範囲の英文法から入試で問われやすい英文法だけに焦点を当てて解説している講座です。
1日30分で10週間のカリキュラムで終えることができるので、英文法が苦手な方は添削講座と並行して勉強してみてください。添削指導を受けた文法項目を英文法講座で確認して復習するという方法も大変効果的です。
この講座は単品では19,800円もするので、この講座を特典としてゲットできるというのは、とてもお得なんです。

3講座の中から組み合わせは自由自在。
基礎講座、完成講座の2講座をセット受講してもいいでしょうし、
英作文対策もしたいという理系の方は、『大学院英語 基礎講座』と『英作文添削講座』を一緒に受講してみましょう。

3つの安心サポート

各講座とも受講はお申し込み手続きの完了した翌週月曜日からの開始となります。
2020年5月期スタート生のお申し込みを開始いたしました。お申し込みの締め切りは

5月31日(日)

となります!

今回は指導できるスタッフの人数との関係から『大学院英語 入試対策講座』の各講座は

限定10名

で募集を締め切らせていただきます。



10名という限られた募集枠のため、お申し込みが殺到する可能性があります。
先着順で募集枠を埋める形となりますので、ご検討されている方はお早めにお申し込みくださいませ。

キャッシュレスポイント還元

当社の通信講座はキャッシュレス消費者還元対象商品として認定されました。
VISAMASTER CARDのクレジットカード決済で購入されると、講座価格の5%が還元されます。
お得なこの機会に講座での勉強をスタートさせてください。

銀行振り込み・カード決済に対応

下記フォームに必要事項を入力し、「講座を申し込む」ボタンを押してお申し込みください。

※クレジットカード決済をご希望の方は、下記お申し込みフォームで「クレジットカード決済」をお選びいただき、送信ボタンを押した後の画面で出てくる案内ボタンからクレジットカード決済ページに移り、手続きをお済ませください。

※Hotmail のフリーメールは講座に関するメールが届かないことがあるため、登録できません。フリーメールをお使いの場合は Gmail もしくは Yahoo Mail のご利用を推奨いたします。
また、outlook.jp のメールアドレスも講座に関するメールが届かないことがあるため登録できません。別のメールアドレスでお申込みくださいませ。

大学院入試対策 英語講座 お申し込みフォーム
※必須 受講コース


※2講座以上のお申し込みで「英文法講座」をプレゼントいたします。
※必須 支払方法
※必須 お名前
※必須 メールアドレス
※必須 郵便番号  例:107-0052
※必須 都道府県名
※必須 住所
(都道府県以下の住所)

例:港区赤坂1-4-14 ダイヤモンドマンション501
※緊急連絡先として必ずご記入ください
※必須 電話番号
※緊急連絡先として必ずご記入ください
ご質問・お問い合わせ  
※当講座に関するご質問等がありましたら、ご記入ください



添削講座のお申し込みを迷っている方は

大学院英語 入試対策講座 パンフレット 当社の講座のお申し込みを迷われている方に、『大学院英語 入試対策講座』のパンフレットを無料でお届けします。

パンフレットには大学院入試に関する基礎知識、この講座の内容、学習サイクルなどが詳細に記載されていますので、ご一読いただければ、大学院入試の流れや各講座のことをより具体的にイメージしていただけるはずです。

パンフレットをご希望の方は下記フォームから必要事項を入力して「資料を請求する」ボタンを押すだけで手続きは完了です。
近日中に入力いただいたご住所宛に発送させていただきます。

大学院英語 入試添削講座 資料請求フォーム
郵便番号 (ハイフン付でご記入ください。例:107-0052)
都道府県名
住所
(都道府県以下の住所)
 
※資料をお届けする住所を正確にご記入ください。
(例:港区赤坂1-4-14 ダイヤモンドマンション501)
メールアドレス  
※資料の発送が完了しましたら、メールでお知らせします。



講座に関するお問い合わせ

「私の場合はどの講座を選べばよいでしょうか?」

「英語が苦手な私でも講座についていけますか?」

「入試日まであまり時間がないのですが…」


といったような、講座内容についての疑問や、ご自身の状況にあわせた講座の選び方について、
ご不明な点があれば、お問い合わせページからご質問をお寄せください。
いただいたお問い合わせにはすべてメールにて、すぐにお返事させていただきます。